読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微妙に少数派に属するがユーモアはない

基本一般的ではない方が好みだが個性的まではいかない。私って微妙に面白みに欠けるんだよなあと良く感じます。意見を言うのは好きだが、目立ちたくはないし自己顕示欲が弱い。ほんのちょっぴり変わった人です。

自然と常連になるお店と会話

何度も行ってしまうお店ってありますか?

 

味はもちろんのこと、それ以外の要素って大きいなあと思うのです。

 

常連になる(わりといく程度も含む)お店って

「店員さんが、自分の事を、お客を通り越して、一人の人として認識してくれる居心地の良さ」

が一つの要素なんじゃないかなって思いました。

 

そこに長けているチェーン店のカフェで思いつくのがスタバ。

 

この前訪れたときに、スタバのどこが印象に残る?と彼に聞かれ、

彼は「会計と別の場所で飲み物を手渡される時だ。」と言っていました。

 

たしかに少し不思議かも。

 

 効率をある程度求めるカフェの中で(喫茶店を除くという意味)、
あえて会計と提供を分けているのは不思議です。席まで品物をもっていくならまだしも、お客が立ったまま位置を移動するし。

 

 

そこで考えたこと3つ。

 

あえてお客を移動させることで、

 

1.会話を増やす・人と話す機会を増やす

 

2.会計とは別の人が作ることで、お金を支払った対価によるサービスをうけているという意識を薄める


3.「〇〇を作っています!」と声をかけ、自分のために作ってもらっていると感じることによってありがたさを感じる

 

あくまで私の推測ですが。

 

 

 スタバはそもそもどの店舗でもお客との会話をしようとするスタッフ意識を感じるし、おそらくそういうコンセプトで作られたのかなと思います。

その上で、慣れているスタッフさんは名前を覚えてくれていたり、味の好みを知ろうとしてくれたり、見た目の変化でプライペートに入りすぎない程度に気づいてくれたり、そういうところでお客だけではなく個人としてみてもらえている嬉しさがあります。

 

 

 

カフェにいってコーヒーを飲んでぼんやりしているとこんなことばかり考えてしまいます。

 

 

 

 

 

そういえば、

先ほど彼に聞かれたスタバの強い印象について、

私はというと「キャラメルフラペチーノ。」と即答。笑

 

 

 

だって、高いけど、あれスタバでしか食べられないんだもん!

分析しておきながら結局コンセプトより味重視な私でした。