読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微妙に少数派に属するがユーモアはない

基本一般的ではない方が好みだが個性的まではいかない。私って微妙に面白みに欠けるんだよなあと良く感じます。意見を言うのは好きだが、目立ちたくはないし自己顕示欲が弱い。ほんのちょっぴり変わった人です。

長期の仕事が終わってほっと一息

1〜2年かけて進めてきた仕事が終わりました。

 

本当にほっとしています。

 

実は泣きそうなくらいほっとしています。

ここまでこれて本当によかった。

 

もともと

自分のペースで長期間進めるのが苦手なこと

〈ある理由〉

があって、

ここまでくるのに、何度も挫折しそうになりました。

だから嬉しいです。

 

 

 

今回は

かなり私情ですがその理由についてかかせてください。やや長文になります。

 

本当にただの「私」の話になるので、

読まなくていいですよ。笑

ここに至るまでの思いが強くて、書き残しておきたいので、人が読まれる場には相応しくないかもしれませんが書きます。

 

 

 ・・・

仕事のタイプは、ゴールがなく、自分のペースで条件内に収めれば、合格ラインを越すものでした。

いわゆる「質を上げようとしたらキリがないが、クリアする方に関しては難関ではない。そこそこでも良い。」というやつです。

 

ただ、私の性格上

やっている内容が自分にとって興味があり楽しかった事、

やりはじめるととことんやる凝り性

が原因で自分で完成させる難易度を上げていました。

 

 

 

 

その上で、 ある理由によって苦しみました。

そもそもある理由も性格と関連が深いのですが。

 

簡潔にいうと、長らく「鬱状態」でした。

 

うつ病」と診断されたこともあるし、「神経症」による鬱状態とも言われました。

 

病名でも、病気でなく性格でも、自分にとってはどうでもよかった。

 

ただ、ただ、理由もなく、

2日〜3週間〜2ヶ月

《何もやる気がおきず、自分に絶望する》

寝たきりの期間が定期的にくる。

 

 

逆にそれ以外の日は、普通に生活し、わりと発言し、たくさん参加し、積極的に楽しんでやっている普通の人。

ーーーーーーーーーー 

 鬱病神経症の話になるとは思ってなかったですよね。

題名にこれをわざわざ載せるのもな…と思ったのでこう内容にはさんでみました。笑

ーーーーーーーーーー

 

だが 1度その時期が来てしまうと、その状態がいつ終わるかわからない。3日でもどるか、3週間かかるのか。

何度もやっていると、

「また来た。もうこうやって何もできずに、働けずに、周りに迷惑だけかけて生きていかなければならないのか。それがずっと続くのか。」とさらなる絶望を感じる。

 

1番は仕事に支障をきたし、周りに迷惑をかけるのが1番苦しく本当に申し訳なかったです。突然仕事にいけなくなったなんて1番困ることを知っています。

そして、自分ですら理由もわからないから、休む理由も言えない。 心優しい人がどうしたの?と聞いてくれても、何もいえない。

 

 

*たまに話に出てきてしまってるので分かってた人もいるかもしれませんが、

私は大学4年生です。

当時はバイトもしてたので仕事というのは嘘ではないですが、大学生は勉強が仕事という意味で使っていました。個人情報はあまり明かしたくないと思いましたが、これを話すには避けられませんでした。*

  

改めて、長期仕事という名の論文を書き終わるまでの私について話させてください。

もう人の日記を読む感覚でいてください。

 

 

 

1番悪いピークだったのは、休学状態になった3年10月頃。授業・単位・論文がありましたし、就活も迫っていました。

大学生活で1番準備をしっかりやらなければと思っている時期でした。

 

後で分かった事は、

凝り性・真面目な性格などが影響して、テストや試験などの締切日近くになると、

自分で勝手にプレッシャーをかけ、そのために動けなかったことでさらに挽回するためにプレッシャーをかける悪循環。

色々とできる限り完璧にやろうとした事がよくないようでした。

 

今でもはっきりとした原因はわかりません。

昔から友達とも仲良く楽しくやっていたし、本当に親友と呼べる人も多いです。

なんでも楽しめるタイプで、勉強だって嫌いではなく楽しさも感じていました。

嫌な事があったりしたら分かりやすいのですが、それはなく、すごく楽しいことが多い日にもなるので、尚更つらく、訳がわからなかったです。

 

 

 

今思えば中学3年から発症しはじめ、高校もだましだましでやってギリギリで卒業し、なんとか留年・浪人せずに大学に進学したので、今思えば不思議な事ではなかったですが。

 

大学生の私はというと、1年は勉強に興味がある私とない友達との相性に悩み、結局欠席回数で単位がとれませんでした(それが理由ではないかも)。

しかし2年は良い出会いから楽しいものをみつけ、参加し、出会い、参加し、企画し、提案し、とみるみる活発になっていきました。

ああ、これが本当の私だ!と自分に少しの自信を持ち始めました。

周りからも評価され、頑張ってるね!すごいね!と言われて素直に嬉しかったです。

3年7月まで楽しく過ごし、授業もほぼ欠席がないまま単位をとり、

ああ、もう大丈夫だ!と思っていました。

 

 

 

3年夏休み、海外の民族ボランティア(体験に近い)、海外旅行、国内旅行、地域企画、インターンなど予定がぎっしりで隙間がない状態。

 

夏休みのあるなんでもない日に、突如、過去に体験した感覚が蘇り、あの明るく元気な私が死んだ目になり、起きられなくなりました。

海外に行く前日でした。

焦りました。やばいと思ったその時にはもう遅かった。

色々な予定のキャンセルの連絡すらできなくなり、なぜか電話音に恐怖を感じ、外に出るのが苦痛でたまらなくなりました。あんなに友達と話すのが楽しかったのに、心配されているのに返事ができない。他人の視線が怖い。うまく言葉がでない。

 

あの時以降の夏から半年はあまり覚えていません。

どうにか母に協力してもらいながら、約束していた予定をすべてキャンセルし、バイトも休業。結果、良くなるどころか絶望感と罪悪感が増すばかりでした。

 

夏休みが終わって、気力で1週間大学にいったものの、もう限界。残りの単位数と私の状況を考えると留年を決意しました。留年どころか、留年しても変わらず卒業できそうにないから退学しようとも考えました。

 

とりあえず、もう3年後期の授業はあきらめて休むことを決意。

 

その頃ある主治医とカウンセラーさんに出会って、ゆっくりゆっくり正気を取り戻していきました。

 

4年生に上がる時期になり、復学を散々迷いましたがやってみようと授業にでて、なんとか授業の単位をとり、もしこのままいけば論文を書いて授業の単位がとれれば卒業できるとわかった夏休み後から就活をしだしました。

無理をするとすぐ逆戻りするので2〜3社しか受けられず。

ただ、こんな私でも、興味をもってくれる会社に出会って、

就活は、私が大学3年時に神経症だと診断されたと社長に正直に話した上での採用で終わりました。

 

そして今日の論文提出。

本当は3年から資料を集め、3年の12月頃から本格的に調査を始めるところを、主に4年の6月頃から題材を考え、関連論文探すところから始まり、なんとか、ここまで。

ある程度自分の納得いくものを提出できた。

 

 

たくさん助けてくれた、優しい色んな方々の感謝の気持ちはあえて書きません。

とうてい書ききれない。

 

 

まだ、卒業じゃないけれど、

色んな方々の助けと支えが大きくて大きくて1番だけれど、

 

今日だけは自分に、

「よくここまでやったね。すごいね。ほら、未来は分からないよ。どんなに分析してどんなに無理だって思っても、こんなことがおきるんだよ。」

といいたい気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 長ーい、知らない人の日記を読んでくれてありがとう。

今日こんな気持ちになった人が一人いるんですよ。

びっくりでしょ?

(笑)