読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微妙に少数派に属するがユーモアはない

基本一般的ではない方が好みだが個性的まではいかない。私って微妙に面白みに欠けるんだよなあと良く感じます。意見を言うのは好きだが、目立ちたくはないし自己顕示欲が弱い。ほんのちょっぴり変わった人です。

一時期BLというものにはまった話

私の中で、なんとなく、

手をつけてはいけないジャンルだったんですが(すみません)、

読んでみると純粋に漫画として面白い。

 

 

 

もともとファンタジーもの、あまりにも非現実的なものにはハマらず、

半分ノンフィクションでもありえそうな、

いわゆる普通の学生、社会人、人間の話が好きです。

 

その中でも恋愛ものも好きなのですが、

ピンとこない作品が多く、

逆にピンとくるものは何か考えました。

 

 

私にとって必須だったのは

『(その人の)恋愛の壁

がリアルかどうか。』

 

ぼやっとしてる概念で分かりにくいですが、

不自然なタイミングでいきなり事故とか

芸能人とつきあうとか、

超いじわるな敵が現れるとか。

 

あとは、いや付き合っちゃえばいいじゃん。なにも問題ないじゃん。とか。

 

そういう意味で、

ボーイズラブorガールズラブ?(同性同士)

すでに同性であるところで、ある意味壁があるので、恋愛の展開として面白かったりします。すごく切ない。

 

不快になった方がいたらごめんなさい。現実で同性を好きな方がたくさんいることは知っています。

これは物語として面白いかという点での話です。

 

 

恋愛の壁があるかを考えると、

BLはもう出会いの時点ですでにもっているんですよね。

 

純粋な恋愛だと思ってしまうのは色眼鏡なのでしょうか。