微妙に少数派に属するがユーモアはない

基本一般的ではない方が好みだが個性的まではいかない。私って微妙に面白みに欠けるんだよなあと良く感じます。意見を言うのは好きだが、目立ちたくはないし自己顕示欲が弱い。ほんのちょっぴり変わった人です。

一緒にいても分からない事はたくさんある


何年も一緒にいると、


彼はこう思うに決まってる!

って思い込んでしまう所があると思う。




今日、

私が想像していなかった

彼の思いを聞いて、



嬉しかった反面、


結婚してさらに

彼を分かった気になっていたと

反省した。






今日は、私が想像していたよりはるかに結婚する時に決断をさせていんだと気づいた た、お話。






私個人の話だが、

前置きとして、


不安になりやすい・体調を崩しやすい面を持ち、

仕事をしても急に休んだりするため、なかなかうまくいかない。

平日5日間のうち、少なくとも1日は体調が悪く外に出られない日がある。



彼は、

それを何も問題がないかのようにひょいと受け入れ、

まだ若いからそんなに早く結婚する必要はないのに、

転勤についていく!という私の意見をきき、

それならばと結婚してくれた。



彼は心が広く偏見がなく、穏やかでポジティブで、冷静で堅実で。

 そんな彼だから、私はこの人と生きたいと結婚をせまったのだが。



今日ある相談をしたら、

まさかの反対する意見をいわれ、

その理由を聞いて

私は泣かずにはいられなかっな。








私は今までの不調と継続期間を考え、

に障害として認定してもらい、援助をしてもらおうと彼に相談した。

実際に私と同じ悩みをもつ人が適用されていて、

精神疾患患者への援助があり、

そのかわり、正式に障害者として認定されるということだった。


うつ病だって心の風邪というくらい、誰にでもなるし、すぐ治るだろうと思っていた時期もあったけれど、

10年弱もこの状態が続いた私には、治していくという考え方よりも、あきらめて、受け入れて生きていく方法を探す方がいいと考え始めてた。


てっきり、彼も賛同してくれるものだと思っていた。



しかし、思いがけない反対。

理由は、まだ治らないとあきらめるには早いよ、と。








たとえ治らなくても2人一緒にいられれば俺は幸せだよ。


だけど、最近の(私)はどんどん

出来ない事を受けいれてあきらめていっている。

本来の(私)はやりたい事をやろうとすごく努力をするタイプ。

やりたい事をあきらめていく(私)はこれからどんどんそのギャップに苦しんでいくだろうと心配していたからだった。



さらに、最近私が考えまくっていた、子どもについても言われた。



私は、子どもが大好きできっと子どもを産みたいと思っているだろうと。

でも、彼は、

今の私の体調のままなら、2人で子どもを育てる事は反対だし、こどもをつくらない道を選ぶと。

彼はそうなっても良いと覚悟した上で結婚したと教えてくれた。


でもまだ時間がいっぱいある。


こどもが持つことをあきらめたくないなら、

まだ、やりたい事をすぐあきらめなくても、

まだ治すことをあきらめなくてもいい。


こどもを持つことをあきらめられないなら、

子どもを持ちたいから治したいと

今より健康になるモチベーションにしたらどうか。



だめでも大丈夫、は、お守りがわりにもっておく感覚で。




そんな話をしてくれた。




彼は一人でそんな事を考えていたんだと

胸が熱くなった。





私の事をいっぱい考えてくれて
それでも一緒にいる事を選んでくれて
ありがとう。






彼は私の想像を超えて、あたたかく包み込んでくれていた。






帰省という負担

お久しぶりです。



書いてない時に色々あって、

環境が劇的に変わりました。


身体が仕事についていかなくて休職、

仕事を変えようとして退職、

転職活動をして、ほぼ仕事が決まりかけた

想定外の彼の転勤

彼とこれから離れる気がないから付いて行くとふと決める

急に結婚

急に引っ越し

あれよあれよと流れに身をまかせる内に

見知らぬ街で、専業主婦に



しかし、

ここ1年の中で、

1番こころが安定している。



のでよしとしている。






ところで

題名にあった

「   帰省という負担 」


私は初めて帰省を体験した。




新幹線で片道1万円ちょい

行き帰りで2万

2人で4万!?



結婚式の準備やら何やらで

月に2回くらい帰るときもあり、

明らかに家計を圧迫しています。


私が働かず、

彼の収入で2人分の生活をしているので当たり前かもしれませんが…。




みんなどんな感じで帰省してるのかな、










人を変えようとする気力がなかった

最近気づいた事。

私は昔っから「人の意見を変えて自分の意見を通す気力」がない。短くいうと『説得』。

 

新人はなめられるのは仕方がない。といわれながらも、許せない点(安全面)のみはしつこく言うが、それ以外は自分の言うことを聞かない人に対して、気にしていなかった。放置していたのかもしれない。

 

 

 

 

今までは…

相手に意見を言われて、

次に自分の意見を言って、

意見が食い違い、相手の押しが強いとき、

 

私はというと必ず

①相手に合わせる

②別行動

のどちらかだった。

 

相手の意見とか考え・発言を聞いた上で

受・け・入・れ・て、

一定の距離を置いていた。

 

だから私は人よりもイライラしなくて、それが生きやすい生き方だと思って、私の長所だと思っていた。

 

 

 

だが…

人を変えようと戦わない私は、気づいていても相手を変えられないのだ。

 

 

 

 

むかついたり、おこったり、そういう感情がある時は、許せないの後ろ側に

「変えてやる」という気持ちがあるのだ。

 

ムカつく・許さない!が私には足りていない。プライベートでは良いが、今の仕事では必要だと言うことに気がついた。

特に気にしていない事が問題だった!!!!

 

 

生まれてからほとんど怒ってない(友達と喧嘩したことがない)私には難問である。

 

 

まい日大凶

仕事について1ヶ月半。

 

いい上司、・いい先輩に囲まれてるのに

注意されても注意しててもできなくて、

何もかもがうまくいかなくて、

もうあと少しで愛想をつかされそうな気がして。

悔しいし、申し訳ないし、どうしたらよいかわからない。

 

 

自分の注意不足(つまりすごくドジ)と

視野の狭さが

治らなくて治らなくて。

 

ーーーーー

そんなとき、

 

さようならのときに、いたずらっ子からもらった紙飛行機。

 

 

なぜか紙飛行機の真ん中に手紙が挟まっている。

 

飛行機と手紙を離してみると

 

 

「大凶まちがいなし」と書かれている。

 

さらに、さらに手紙を開けると…

 

 

 

 

 

 

 

 

「ざーーーんねん!

わなにかかったね。

まい日大凶!」

 

 

 

 

 

あの子の

イッシッシ

といわんばかりの満面な笑顔が思い浮かぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まい日大凶でもいいな。

 

アシストタイプの苦手分野

私は昔、スポーツをしていたのですが、

どうしても攻撃、特にストライカーになるのが苦手でした(笑)

 

自分主役になって、誰かを倒したり、負かしたりすることに喜びを感じられなかった…。

 

アシストなら、主役(ストライカー)の力を引き出すチャンスを与えられるということで喜びがありました。

 

 

 

今仕事で苦戦していることがあります。

それは

「自分の判断で決断しきること」。

 

ほぼ自分の事であれば即決できるのですが、

複数人いて、何か決めるときに、

他の人の意見を押し切って決めて実行することができません。

 

逆にワガママ・強引ともとれそうな決断を求められて、そうしないとやっていけない仕事でもあります。

 

本当に、みんなの意見を聞きたくなっちゃう…

全員に納得してほしくなっちゃう…

 

 

今の大きな課題の一つです。

 

 

そういえば、点を決めても、試合に勝っても、

その瞬間、喜びと同時に

悔しがってる人・負けた人の気持ちを考えて勝手に共感してしまって、全力で喜べなかったなあ〜。

 

どうも争いごと?競争?にも向いていないです…。

でも自分1人の競技だと、勝ってもそれほど嬉しくないから、アシストできたときが一番快感と喜びがあるという謎な私です。

 

おーわり。

胃痛と口唇ヘルペス

仕事がはじまり一週間と、2日。

 

さあ、やってまいりました。

 

『精神的ストレスくん。』

 

 

新しい事を始めるとだいたいなりますね。

1ヶ月に数回はざらです。

 

自分の感覚としては、そこそこ楽しんで割り切って働いていけているんですけどね。

 

楽しい、つらい、悲しい

とかは実際関係なかったりするんですね。

不思議なものです。

 

 

ていうか、

この胃痛は

風邪なのか、ストレスなのか。

誰にも分からず。笑

 

 

 

ちなみに口唇ヘルペス

年に1回くらいできます。

 

 

 

一時期BLというものにはまった話

私の中で、なんとなく、

手をつけてはいけないジャンルだったんですが(すみません)、

読んでみると純粋に漫画として面白い。

 

 

 

もともとファンタジーもの、あまりにも非現実的なものにはハマらず、

半分ノンフィクションでもありえそうな、

いわゆる普通の学生、社会人、人間の話が好きです。

 

その中でも恋愛ものも好きなのですが、

ピンとこない作品が多く、

逆にピンとくるものは何か考えました。

 

 

私にとって必須だったのは

『(その人の)恋愛の壁

がリアルかどうか。』

 

ぼやっとしてる概念で分かりにくいですが、

不自然なタイミングでいきなり事故とか

芸能人とつきあうとか、

超いじわるな敵が現れるとか。

 

あとは、いや付き合っちゃえばいいじゃん。なにも問題ないじゃん。とか。

 

そういう意味で、

ボーイズラブorガールズラブ?(同性同士)

すでに同性であるところで、ある意味壁があるので、恋愛の展開として面白かったりします。すごく切ない。

 

不快になった方がいたらごめんなさい。現実で同性を好きな方がたくさんいることは知っています。

これは物語として面白いかという点での話です。

 

 

恋愛の壁があるかを考えると、

BLはもう出会いの時点ですでにもっているんですよね。

 

純粋な恋愛だと思ってしまうのは色眼鏡なのでしょうか。